山本秀波の明太子

山本秀波の明太子

No.4
人気度
内容量 500g
価格 21,600円(税込)
賞味期限 14日(要冷蔵)
原材料 すけとうだらの卵(ロシア又はアメリカ)、酒、食塩、醤油、みりん、唐辛子、ゆず、たん白加水分解物、昆布エキス、調味料(アミノ酸等)、酸化防止剤(ビタミンC)、酵素、発色剤(亜硝酸Na)
お勧め度

やまや創業者が、その技と辛子明太子への情熱のすべてを注ぎ込んだ渾身の作。秀波が選んだたらこを、柚子、羅臼昆布、大吟醸酒、特別ブレンド唐辛子の調味液で168時間熟成。他の追随を許さない味わいが、ここにあります。

やまや創業者が、その技と辛子明太子への情熱のすべてを注ぎ込んだ渾身の作。秀波が選んだたらこを、柚子、羅臼昆布、大吟醸酒、特別ブレンド唐辛子の調味液で168時間熟成。他の追随を許さない味わいが、ここにあります。

  • 原材料へのこだわり
    その明太子づくりは、原材料の吟味から。やまやの社員は毎年、ベーリング海など極寒の北太平洋で行われるスケトウダラ漁の大型漁船へと同乗します。
    そして、明太子の原料となるスケトウダラの卵を社員の目で確かめ、辛子明太子に最もふさわしい「真子」を選び出すのです。
  • 匠のたれへのこだわり
    新しい漬け込み液に、以前から使われている漬け込み液を注ぎ足していくことで、脈々と受け継がれてきた「匠のたれ」。4つの素材が育むやまやこだわりの味が、素材に深く染み込んでいきます。
  • 168時間へのこだわり
    美味しい明太子のために、「匠のたれ」への漬け込み時間にもこだわりました。
    「長時間の熟成で、明太子の旨みがより引き立つ」ことを知った私たちは、その熟成時間について試行錯誤を重ね、辿り着いた結論が「168時間」。
    一週間じっくりと熟成させることで、まろやかでコクのある明太子が生まれたのです。それ以下でも、それ以上でもなく、168時間。コクのある明太子を育むための、大切な時間です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


贈答用 明太子 ランキング